自動車保険には任意保険あるいは自賠責保険といったふたつの種類が存在します。自賠責保険、任意保険ともに、いざという時のトラブルなど遭遇した場合の補償を想定したものですが内容は細かな点で違います。ふたつの保険を比べると補償がなされる事象が多少差別化されているのです。※相手については任意保険、自賠責保険によって補償します。※自分については、[任意保険]のみによって補償できます。※自分の財産においては[任意保険]のみによって補償できます。自賠責保険だけでは自らへの手傷ないしは乗用車を対象とした補償は受ける権利がありません。さらに相手に向けての補償などのサポートですが自賠責保険であれば死亡してしまった時は最高額で3,000万円・障害を負わせてしまった場合上限額四〇〇〇万円といった具合に決まっています。ただし実際の賠償金が上記の額を凌駕することは結構な頻度で起こり得ます。また相手方の車あるいは建物を破損してしまったケースにおいては事故を起こした人の自己補償とならざるを得ません。ですから任意保険という別の種類の保険が必須だと考えられます。被害者に対する支援に重きを置く任意保険ですが、それ以外の補償内容が存在します。※相手へは、死亡時または負傷のみならず車または不動産といったものの財産を補償します。※自分自身に対しては同伴していた人も加えて死亡時や怪我を賠償します。※自分自身の財産に関してはクルマを賠償してくれます。そういったあらゆる面において援助が抜かりないのが任意保険というものの強みなのです。保険料の払い込みは必要とならざるを得ませんが、事故を起こした時の相手のためにも自分自身を守るためにも自動車に乗るならぜひとも任意保険に申し込んでおきましょう。