普段足が組む癖がある人や、がに股で歩く人などの中には足がO脚になってしまっている人がいるのではないでしょうか。

私もその一人です。

私が、これ以上O脚を悪化させないために実践していることが二つあります。

ひとつは日頃から脚を組まないように意識しておくことです。

やはり前から足を組む癖があると、気をつてていてもついつい足を組みそうになる瞬間が一日に何度もあります。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

そういうときに足を組んではいけないという意識を呼び起こして気を付けるようにしています。

もうひとつは、がに股を治すことです。

がに股を治すには歩くときにちょっとしたことを意識すればいいのです。

それは足の親指を地面につけるようにして歩くということで、がに股の人などのは足の裏の小指側に体重をかけて歩いている人が多いようです。