フレッツ光を導入する時は、導入する家のタイプによって利用料金が変わります。

住宅の形式には戸建てと集合住宅があります。

戸建てタイプと集合住宅、いわゆるマンションタイプの住宅ではフレッツ光の料金が違ってくるのです。

戸建てタイプとマンションタイプだと、マンションタイプの方が利用料金は安くなります。

ただし、もし賃貸のマンションやアパートでフレッツ光を利用するとなると、まずは大家さんに話を通して許可をもらう必要もあります。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

許可が得られないとフレッツ光を利用できなくなってしまうので、少しハードルが高くなるかもしれません。

お困りの方はフレッツ光 特典 比較で決まり!住居タイプの違いによる利用料の違いの他に、プロバイダによるランニングコストの違いも出てきます。

安いプロバイダを使えば毎月の料金も抑えられますが、高いプロバイダを契約してしまうと少し負担が大きくなってしまう可能性があります。

フレッツ光を導入する時は、まず住居による利用料金をきちんと調べ、同時に安いプロバイダを探しておくことが重要なのです。