わたしの子供は生まれてまもなく、あまりの湿疹にアレルギーの診断がおりました。

かゆがってかゆがってしかたないので、血液検査をしてみると、「卵白」のアレルギーがひどい数値ででました。

幸い出産した総合病院には、アレルギーの専門の著名な先生がおられ、先生の指導で小学校にあがるころには、すっかり 治りました。

ほんとうに嬉しかったです。

治る前は、夜も寝られず、また食事制限は卵だけにとどまらず仮性アレルゲンといって、灰汁や刺激の強いもの「なす、いちご、とまと、キウイ」なども制限されました。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

また牛乳など乳製品も一応控えるようにとのことで、本当に初めての育児と その上にさらに降りかかってきたきた試練に、頭がどうにかなってしまいそうでした。

さらに毎日使った食材を調味料まですべて書き出す食事日記をつけて提出しなければなりませんでした。

そしてそれに連動して、身体の赤味やかゆみはどうだったかを書いて、診断してくださるのです。

本当に大変でしたが、おかげさまで今は陰も形もなく、アレルギーから卒業でき、感謝しています。