私が、腰痛において良くないと思っていることは、腰痛を気にするあまり、体を動かさなくなってしまうということです。

 たとえば、1度ギックリ腰などで腰痛を発症してしまうと、体を動かすということがなかなか怖くなってしまいます。

確かに、体を動かすことによって腰の筋肉を使い、それで再度ギックリ腰になったりするのは誰でも嫌です。

 しかし、そうして体を動かさずにいると、ますます腰痛というのは悪化してしまいます。

激しい運動をする必要はありませんが、適度に腰を動かしたほうが腰痛には良いと私は思っています。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

 ですので、多少腰痛の症状が出ていたとしても、体をそれなりに動かすことだけはしていかなければならないと私は思っています。

 そうして、体を動かせば自然と血行も良くなりますので、それが腰痛の症状を緩和させてくれる可能性もあります。

ですので、たとえ腰痛になってしまったとしても、積極的に体はどんどん動かしていきたいと私は思っているのです。