とうとう開始する時という場合では、何をおいても事前調査をサボってはいけません。

トレードを行う前であるならば、出来事を理性的に見つめる事が可能です。

だがしかし、いっぺん市場の内部へ深入りするとどうしても物の見方が独りよがりになる場合があり時には正しい考え方が出来なくなる。

可能性があります。

それゆえに自分自身の頭の中が論理的な時にきちっと事前準備をしておくことが大切なのだ。

その”準備”とは、まずは己の台本を記す事から行います。

今からの市場は上がる(または下がる)からこの通貨を買う(あるいは売る)というように自らの物語を描いていきます。

次に大事なのはローソク足チャートを確認しましょう。

それまでのマーケットの上下動を見て、今現在の値動きを見ます。

そうしたら、「現在は結構低い状況だ」とか、「とっくに大多数の人がエントリーしているから、今から大急ぎで売り(または買い)してももはや遅いな」などと分かってきます。

当然ですがすでにエントリーするのが手遅れだなと思ったならば、この状況ではきっぱりとあきらめることか大事です。

あなたなりの筋書きを押し通そうとして強引にトレードすると市場にやられてしまいむしろ損失を被ることになる危険性があります。

もっとも大体の場合では、事前に準備している自身の物語を思い描いていくと仕かけるのがやりようがないという状況にはならないと思います。

おそらく、具体的にマーケットが動意づく前の状況のはずだからです。

続いては、あなたが売り買いしようと決めている通貨の上下動をちゃんとチェックすることが不可欠です。

例えば円安に向うだろうというストーリー展開を描いたのであればドルの動きに注目しておきます。

外国為替相場の変化を気をつけ始めた段階では動く兆候を見せず、多少の変化を繰り返しているだけだろう。

だが、その推移を調べているとある場面で着実に、円安へと相場が動き始めます。

ここで初めてドルの新規注文を出すのだ。

基本的に、そこまで注意深く用意を考えておけば、その売買で利益を上げる確率は割合高まるはずだ。